片手間取引が出来る

バイナリーオプションは片手間に取引ができます。2時間という判定時間が存在するため、その間に取引をしてしまえば問題はありません。

ギリギリまで待ってから考えるのも良いですし、早めに取引をして判定を待つような感じにしておいても良いでしょう。そうした条件の中で勝つための方法を探っていくことが必要であり、結構求められていることは大きいように感じます。

自分がどのような方法で取引をしていくのかは考えることになりますが、割と勝つための条件というのは整っていることがあります。ギリギリまで待てば方向性は見えてきますし、早めに取引をしておけば安く済むことも多いでしょう。

こうした中でどのように対応していくかを考えつつ、自分が決めた方向で勝負をするといいです。

バイナリーオプションは片手間に取引が出来るというメリットを持っているだけでなく、戦略性というものを考えられる取引方法です。そのためFXよりも取引をしやすいかもしれません。

私がバイナリーオプションを始めたきっかけ。

わたしがバイナリーオプションの事を知ったのは、離れて暮らしている弟から「こんなのがあるんだけど自分ができない時に代わりにやってくれないか?」という連絡を受けた時でした。
あとで知りましたがバイナリーオプションは様々な会社でしているそうでサービスの内容も会社によって違うようなのですが、わたしが代理でやることになったのはT証券のものでした。
これは月曜から金曜までの期間に一日十一回に区切られた外貨を区切りの初めから終わりまでの2時間の間に売買でき、各回の最後にどこの範囲にはいるのかを予想するもので、もちろんその範囲に入っていなければ現金は没収され、範囲に入っていれば一定の金額が戻ってくるというもので、外貨を買った時の金額と範囲に入った時に戻ってくる金額の差額が利益となるものでした。
金額はその時の状況により差があるのですが、金額の推移を表すグラフを見ながらゲーム感覚で予想をするというもので初心者でも楽しく出来るものでした。

そういったきっかけによって、自分でもちゃんとやってみようと思ったのでした。
業者選びは情報サイトを参考にして利用しやすそうなのを選んで始めました。

バイナリーオプションに挑戦する

バイナリーオプションはFXをしている一般の投資家にとって始めてみることは容易であり、またこの知識があまりない時にも仕組みを理解することは簡単にできます。バイナリーオプションはオプション料を業者に支払い、参加をすることができます。仕組みは将来のある時点で現時点の為替レートよりも上にあるか下にあるかを予想して投資をするという単純明快なものです。チャートを詳細に分析してエントリーをすることもできますが、単なるゲームの感覚で投資をしてみることもできる二者択一式になっているのが特徴です。

バイナリーオプションは国内業者や海外業者等多くの業者がこれを取扱っています。国内にバイナリーオプションの規制があるため、自由度は比較的ないです。バイナリーオプションをメインにしたい時は、海外業者を選んで挑戦することが可能ですが、業者選びはかなり慎重に行ない、信頼できるところをしっかり選ぶことが大切です。

深く考えずにBO取引をして勝率維持

毎月の給料からちょっとだけ入金しながらバイナリーオプションの取引をしているのですが、利益の割合が増えてきて大分安定した取引になってきたから新たに入金せずにこれからは複利で張っていこうと考えています。
価格が上昇するか下降するかということが一番重要だから、前まではどちらに傾くかなんていうのはフィフティフィフティに収斂すると思い込んでいたけれどそれは長いスパンで見ないと意味がないことがわかったし、短期取引が前提のバイナリーオプションには当てはまらないと思ったのです。

だから短い期間で為替がどちらに向かうのかを予測するときには目の前の勢いを何よりも重視したほうがいいと気づいたので、自前のチャートソフトで細かく分析するよりも取引業者の画面に出ている簡易チャートを見ながらリアルタイムで動向を把握するのが一番だと思います。
素直に動いている方向に乗っかったほうが今のところは高い勝率がキープできていることもあり、バイナリーオプションの性質的に直感に頼った取引をすることが稼ぐための秘訣なのかもしれないです。

バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションもFXと同じで為替相場がどう動くかを予想する必要があります。違うところは、取引の仕方です。FXには証拠金というものがあり、必要証拠金を入れて行ないます。例えば、米ドル円を1万通貨買うなら必要証拠金は4万円ぐらいです。

4万円は絶対なくてはいけないし、さらにもう少し資金を入れている必要があります。そして、購入してからは、為替の変動により、利益が変わっていきます。逆に動いた場合、損が無限大です。

だから、リスク管理の必要があります。それがFXです。バイナリーオプションは証拠金は必要ありません。取引のときはチケットを買うのです。例えば、米ドル円が上昇するチケットを1枚購入するとします。そして、それが1000円のチケットだとします。ペイアウト倍率というものがあって、1.8倍の場合、うまく行けば1800円の払い戻しが受けられます。もし、失敗しても1000円が没収されるだけで、FXのように損失が無限大という事はありません。